体温調節に効果的な食事:からだが温かくなる・冷たくなる食品の選び方

当ページのリンクには広告が含まれています。

体温を適切に保つためには、食品や飲み物の選択が大切です。

東洋医学でいうところの、体を温める「陽」の食品と冷やす「陰」の食品は、実際の温度だけでなく、その性質によって分類されます。

見た目が温かそうな食品でも体を冷やすことがあるため、正確な見分けが重要になります。

目次

食品で体温を調整する方法

体を温めるか、冷やすかを判断する基準はいくつかあります。

これらの原則は必ずしも全ての食品に当てはまるわけではないものの、一般的な特徴を知ることは役に立ちます。

食品の生育地の影響

寒い地域で育つ食品は体を温める傾向にありますが、温暖な地域の食品は体を冷やすことが多いです。

食品を選ぶ際には、その原産地や栽培地を参考にするのが良いでしょう。

季節による食品の特性

旬の季節によって食品の性質が変わります。

冬に旬を迎える食品は体を温め、夏の旬の食品は体を冷やすことが一般的です。

夏の旬野菜、例えばトマトやキュウリ、ナスは体を冷やす効果があります。

旬の食品を食べることは、季節に応じた体のニーズに合わせた食品の特性を活かすことを意味します。

発酵食品の効果

発酵食品に含まれる酵素は体の代謝を活発にし、体温を上げる働きがあります。

大豆自体は特に体を温める効果はないものの、納豆や味噌、醤油などの発酵食品に変わると体を温める性質が生まれます。

また、牛乳から作られるチーズや、発酵を経た日本酒や紹興酒も体を温める効果があります。

食品の色と成分での区分け

食品の色はその特性を判断するのに役立ちます。

オレンジや黄色い果物や野菜は体を温める働きがありますが、白や緑、紫色の食品は体を冷やす傾向があります。

暖色系は体を温め、寒色系は冷やすと覚えると便利です。

ただし、トマトや柿のような例外もあるので注意が必要です。

成分においては、水分が少なく塩分(ナトリウム)を多く含む食品は体を温めますが、水分が多くカリウムを含む食品は体を冷やす傾向があります。

例えば、大根は水分が豊富で白い色をしているため、冬に旬を迎えるにも関わらず体を冷やす食品です。

味の面では、塩や醤油などの塩辛い調味料が使われた食品は体を温めますが、酢を使った酸っぱい食品や化学調味料が含まれるものは体を冷やします。

料理をする際は、食材だけでなく調味料にも注意が必要です。

加工・精製による食品の性質の変化

食品がどのように加工・精製されるかによって性質が変わることがあります。

例えば、大豆は納豆や豆腐として加工されると性質が変わります。

南国原産のフルーツはそのままでは体を冷やしやすいですが、ドライフルーツにすると性質が変わり、体を冷やしにくくなります。

生の柿は体を冷やしますが、干柿にすると体を温める効果があります。

大根も、切り干しにすると冷やす効果が軽減されます。

砂糖に関しても、原料の生育地域や精製方法によって体への影響が異なります。

北海道産の甜菜(ビートや砂糖大根)から作られる甜菜糖は体を温めますが、暖かい地域で栽培されるサトウキビを原料とした精製白砂糖は体を冷やす傾向にあります。

未精製の黒砂糖はビタミンやミネラルが豊富で、体を冷やす作用が緩やかです。

体温調節に効果的な食品一覧

こちらでは、体を温める食品と冷やす食品をまとめています。献立を考える際に参考にしてください。

体を温める食品の特徴

  • 炭水化物…玄米、黒米、そば、全粒粉パンなど
  • 肉類…牛肉、豚肉、鶏肉
  • 魚介類…赤身魚や青魚(まぐろ、あじ、いわし、えび、かになど)
  • 野菜…タマネギ、カブ、カボチャ、生姜、自然薯、ニンニク、長ネギ、ニラなど
  • 発酵食品…納豆、キムチ、チーズなど
  • 調味料…味噌、醤油、黒酢、塩、唐辛子など
  • 甘味料…甜菜糖など

夏に最適な冷やし食品(夏季の旬、熱帯産、寒色系、水分多め)

  • 炭水化物…白米、うどん、白いパン
  • 野菜…レタス、キャベツ、小松菜などの葉物野菜、大根、タケノコ、トマト、ナス、キュウリ
  • 果物…梨、スイカ、メロン、パイナップル
  • 乳製品…牛乳、バター、ヨーグルト、アイスクリーム
  • 調味料…酢、化学調味料
  • 甘味料…白砂糖

冷たい食品の賢い食べ方

冷える食品を摂ることは、寒い季節でも時には体に良い影響を与えることがあります。

暖房で乾燥したり体がほてったりした時には、体を冷やす食品が適しています。

例えば、味が濃い料理や脂っこい食事の後には、水分の多い野菜や果物が食べたくなることもありますが、これらはデトックスに効果的です。

体の要求に応じて適切な量を摂取すると良いでしょう。

体を温めたい時の飲み物

寒い時に体を温めるのに適した飲み物を紹介します。

紅茶とプーアル茶

緑茶が体を冷やすとされているのに対し、発酵を経た紅茶やプーアル茶は体を温める効果があります。

飲む際には体を冷やすことがある白砂糖は避け、代わりにメープルシロップやドライフルーツで甘みを加えると良いです。

ショウガ湯、生姜入り紅茶

体を温める効果があるとされる生姜は、お湯に溶けやすいパウダー状で売られています。

チューブに入った生姜も便利ですが、飲み物用ではない添加物が入っていることがあるため、パウダーや生の生姜を使用して作ることをお勧めします。

カモミールティー

カモミールティーは発汗効果があると言われており、カフェインフリーなので就寝前に飲むとリラックスできます。

ただし、子宮を刺激する成分が含まれている可能性があるので、妊娠中の方は医師の相談を受けてから飲むことをおすすめします。

ココア、黒豆茶、赤ワインによる体の温まる効果

ポリフェノールを多く含むココアや黒豆茶は、血管を拡張することで血流を良くし、体温を高める効果があります。

特に、温かい赤ワインは体を温めるのに非常に有効です。

日本酒と紹興酒がもたらす体温の上昇

発酵することで作られる日本酒や紹興酒は、体を温める特性を持っています。

対照的に、ビールや焼酎、白ワインは体を冷やしやすいとされています。

白湯を飲む際のポイント

水分を補給する際は、冷たい水よりも温かい白湯を選ぶと良いでしょう。

ただし、白湯を過度に飲み過ぎると逆に体を冷やすこともあるため注意が必要です。

特に体の冷えを感じる時は、生姜を加えたお湯を飲むと効果的です。

まとめ

冷えは特に寒い時期に辛いものです。

この記事で紹介された情報を参考にして、食生活を見直し、体質の改善を目指しましょう。

毎日の食事は体に大きな影響を与えます。

体を温める食品と冷やす食品を適切に選び、効果的な冷え性対策を実践することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次