骨伝導イヤホンのデメリットは何?音漏れ、周囲の音に負けるなど、メリットも含め徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

「骨伝導イヤホンについてもっと詳しく知りたい」

「購入する前にデメリットを知っておきたいな」

こんな疑問をお持ちの方は多いはずです。

骨伝導イヤホンは、頭蓋骨を振動させることで音を伝達するタイプのイヤホンです。

通常のイヤホンと違って耳を塞がないため、周囲の音が聞こえやすいのが特長です。

ただし、骨伝導イヤホンにもいくつかのデメリットがあります。

この記事では、骨伝導イヤホンのデメリットとメリット、おすすめの製品についてご紹介します。

目次

骨伝導イヤホンのデメリット

それでは、骨伝導イヤホンのデメリットについて見ていきましょう。

主なデメリットは次の通りです。

  • 騒がしい場所では音が聞き取りにくい
  • 周りの音が漏れやすいため、静かな場所や公共の場所では使いづらい
  • 価格がやや高め

騒がしい場所では音が聞き取りにくい

耳を塞がない設計のため、電車内や交通量の多い道路、風の強い日などでは周囲の騒音のために音が聞き取りにくくなることがあります。

音楽に集中したい時や周りの音を遮断したい時には不向きかもしれません。

個人的には、ランニングや家事をするときに骨伝導イヤホンを使っています。

交通量の多い道を歩いたり、家で子どもたちが騒いでいる時でも、完全に耳を塞がないため、安全面や家族の声が聞こえるので安心です。

移動中などの「ながら聞き」には骨伝導イヤホンが適しています。

周りの音が漏れやすいため、静かな場所や公共の場所では使いづらい

骨伝導イヤホンは、従来型イヤホンと比較して音が漏れやすい特性があり、図書館のような静かな場所や電車内での使用には向いていない場合があります。

電車内で他の乗客のイヤホンから音が漏れると、他の人にとって不快に感じられることも。

公共の場所での使用時には、他人への配慮を忘れずに音量を低めに設定するなどの配慮が求められます。

価格がやや高め

骨伝導イヤホンは、安価なモデルでも約5,000円から始まり、高品質なものは20,000円以上になることもあり、価格面で手が出しにくい側面があります。

安い製品を選ぶと、音質や装着感に妥協が生じる可能性があるので、安価なモデルを選ぶことは必ずしも推奨されません。

初めて購入する際には、約10,000円前後の製品からスタートすることが良いでしょう。

後半では、おすすめの骨伝導イヤホンについても詳しく解説していますので、参考にしてください。

骨伝導イヤホンのメリット

続いて、骨伝導イヤホンのメリットについてご紹介します。

メリットは以下のようになります。

  • 耳を塞がないため外の音が聞こえやすく、安全性に優れる
  • 耳に負担が少なく、長時間の使用でも快適
  • イヤホンの落下を心配しなくて良い

耳を塞がないため外の音が聞こえやすく、安全性に優れる

骨伝導イヤホンは耳を塞がないため、周りの音が聞こえやすくなります。

屋外で通常のイヤホンを使用していると、車や自転車の接近に気づかず危険な状況になることもありますが、骨伝導イヤホンなら、車の走行音や自転車のベル音など、周囲の音に気づきやすく、より安全に使用できます。

耳に負担が少なく、長時間の使用でも快適

骨伝導イヤホンは、耳の中にイヤーピースを入れないため、長時間使っても耳が疲れにくく不快感が少ないです。

リモートミーティングや長時間の運動中など、通常のイヤホンだと耳に圧迫感や痛みを感じることがありますが、骨伝導イヤホンは頭部の後ろから耳にかけて固定するため、長時間の使用でも快適な装着感が得られます。

イヤホンの落下を心配しなくて良い

骨伝導イヤホンは、使用中にイヤホンが落ちることがほとんどありません。

動きが激しい時でも従来のイヤホンのように突然落ちたり、ワイヤレスイヤホンを片方だけ失くす心配が少ないです。

耳のサイズに関わらずフィットするため、安定した装着感を提供します。

コスパに優れた骨伝導イヤホンのおすすめ

市場には多くの骨伝導イヤホンがありますが、ここでは特におすすめの製品をいくつか紹介します。

HACRAY SeaHorse(シーホース)

HACRAY SeaHorseは防塵・防水性に優れたIP68等級の骨伝導イヤホンです。

人間工学に基づいたデザインで、激しい運動中でもズレにくく、快適にフィットします。

8GBの内蔵メモリがあり、イヤホンに直接音楽ファイルを保存して再生できるので、スマートフォンを持ち歩かずに音楽を楽しめます。

手頃な価格で高性能な製品を求める方に最適です。

オーディオテクニカ ATH-CC500BT

オーディオテクニカのATH-CC500BTは、「軟骨伝導」技術を採用した革新的なヘッドホンです。

耳の軟骨部分に触れる程度の装着で、効率良く音を伝達し、長時間使っても快適です。

独自の振動ドライバーにより外部振動のノイズを抑え、低音域もクリアに再生します。

高品質な音質と快適な装着感を求める方に最適です。

骨伝導イヤホンに関するFAQ(よくある質問とその回答)

骨伝導イヤホンについてよく寄せられる質問にお答えします。

骨伝導イヤホンは聴力に影響を与えるのか?

骨伝導イヤホンが聴力に悪影響を与えることはありません。

私たちは普段から、噛む音など骨を通じて脳に届く音に慣れています。

骨伝導イヤホンは、この自然な音の伝達方法を利用しています。

耳を塞ぐタイプのイヤホンは鼓膜を振動させるため、聴覚障害のリスクが高いとされています。

骨伝導イヤホンでの音漏れは多いですか?

耳を塞がないため、通常のイヤホンと比較して音漏れは起きやすくなります。

しかし、音量を控えめに設定する、音漏れしにくい設計のイヤホンを選ぶなどの方法で対応することが可能です。

音漏れの少ない骨伝導イヤホンのおすすめは?

bocoの「PEACE TW-1」がおすすめです。

このイヤホンは振動部分が小さく設計されており、音漏れを最小限に抑えることができます。

適切な音量設定であれば、音漏れの心配はほとんどなく、無線イヤーカフタイプなので圧迫感もなく、運動中でも快適に使用できます。

まとめ:骨伝導イヤホンのデメリットとその対策について

この記事では、骨伝導イヤホンの特徴として、その利点と欠点、よくある質問について詳しく解説しています。

骨伝導イヤホンの主要なデメリットには、騒がしい環境下での聞き取りにくさ、音漏れの発生しやすさ(特に静かな場所や電車内での使用が不適切)、そして比較的高価である点が挙げられます。

これらの点を踏まえ、自分にとって最適な製品選びをし、音楽を楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次