食パンのカロリーはどれくらい?太りにくい食べ方、種類別の比較、栄養素など徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

多くの家庭で朝食やおやつに好まれる食パンは、厚さによって味わいが変わるため、人々は日々の気分や好みに合わせて様々なタイプを選んでいます。

個性的な食パンが数多く販売されており、これらを比較して楽しむことも一つの醍醐味です。

しかし、健康を考慮すると、食パンのカロリーや糖質量に注目することが大切です。

この記事では、食パンに含まれるカロリーと栄養成分に焦点を当てつつ、健康的に食パンを楽しむポイントをご紹介します。

目次

食パンのカロリーをグラムで紹介

食パンのカロリーは、その厚さによって異なります。

市販の切られた食パンや自宅でカットした食パンのカロリーは、特に厚切りのものが薄切りに比べて高くなります。

この記事では、4枚切りから8枚切りの食パンのカロリーを紹介しており、その計算は包装食パンの表示基準に基づき、1斤を360gとして行われています。

日本食品標準成分表(八訂)によると、1斤のカロリーは約893kcalですが、食パンの内容量や栄養成分はメーカーによって異なるため、これらの情報は参考程度に留める必要があります。

具体的には、

  • 90gの4枚切り食パンには223kcal
  • 72gの5枚切り食パンには179kcal
  • 60gの6枚切り食パンには149kcal
  • 45gの8枚切り食パンには112kcal

のカロリーが含まれています。

サイズが小さいほどカロリーは低くなりますが、小さなサイズでは満足感が得にくいこともあるため、食べ過ぎに注意が必要です。

厚切りの食パンは満腹感が得やすい反面、カロリーも高めで、特にバターやチーズなどのトッピングを加える場合にはカロリーの増加に注意が必要となります。

食パンに含まれる栄養成分

食パンは発酵生地を焼き上げて作られ、炭水化物が豊富な食品として知られています。

しかし、タンパク質や脂質も含まれており、これらの栄養素は食パンのサイズによって含有量が異なります。

タンパク質

タンパク質の量に関しては、4枚切り(90g)で8.0gと最も多く、サイズが小さくなるにつれて減少し、8枚切り(45g)で4.0gになります。

タンパク質はトッピングによっても補給可能なので、食パンの厚さを選ぶ際に必ずしも多いタンパク質量を重視する必要はありません。

脂質

脂質については、4枚切りで3.7gと最も多く、8枚切りで1.8gとなっています。

脂質は重要なエネルギー源でありながら、過剰摂取は健康への悪影響が懸念されるため、他の食品との組み合わせを考える際には、脂質が低めの6枚切りや8枚切りを選ぶのが良いでしょう。

炭水化物

炭水化物の量は4枚切りで41.2g、8枚切りで20.9gとなっており、サイズによって大きく異なります。

炭水化物量が多い食パンを食べる場合でも、1枚であれば糖質の過剰摂取には至らないことが多いですが、糖質が豊富なスープやスムージーと合わせて食べる場合には、総糖質量に注意が必要です。

このように、食パンに含まれる栄養成分はサイズによって異なり、食事全体の栄養バランスを考慮しながら選ぶことが重要です。

食パンを食べる際のポイント

食パンは手軽な朝食として好まれる場合が多いですが、いくつかのポイントに注意が必要です。

例えば、トッピングのカロリー、食パン自体の咀嚼が少ないこと、食品添加物の使用、1枚だけでは満腹感に欠ける可能性などです。

食パンを選ぶ際には、これらの要素を考慮することが大切です。

ここでは、食パンを健康的に楽しむための4つのポイントについて詳しく説明していきます。

トッピングによるカロリー増加

多くの人が食パンにトッピングをすることが一般的です。

バター、チーズ、ベーコン、マヨネーズなど、様々なトッピングが食パンとよく合います。

しかしこれらのトッピングはカロリーが高い傾向にあり、例えばバター10gで約70kcal、チーズ10gで約31kcal、ベーコン3枚(54g)で約132kcalとなります。

食パン自体はカロリーが低めですが、トッピングによっては全体のカロリーが大幅に増加するので注意が必要です。

ツナや野菜をトッピングすることで、カロリーを抑えつつボリュームを出す方法もあります。

食パンの咀嚼回数

食パンの柔らかさから、咀嚼回数が少なくなる傾向があります。

咀嚼回数が不足すると満腹感が得にくく、結果的に食べ過ぎてしまうリスクがあります。

満足感を得るためには、意識してしっかり噛むことが大切です。

食パンに含まれる添加物

食パンには、特にスーパーやコンビニで売られているものに、風味向上や保存性を高めるための添加物が使われていることがあります。

一方で、ベーカリーの食パンは無添加であることもあります。

添加物に敏感な方は、無添加の食パンを選ぶと良いでしょう。

1枚の食パンでは満腹になりにくい

食パンの柔らかく軽い食感のため、1枚だけでは満腹感が得にくいことがあります。

これが原因で、食べる量が増えることも。

特にトッピングを加えるとカロリーが高くなるので注意が必要です。

食パンを食べる際は、サラダやタンパク質を一緒に取ることで満足感を高めましょう。

食パンと他の炭水化物のカロリー比較

食パンのカロリーと他の炭水化物源との比較は、健康的な主食選びにとって重要な情報です。

食パンは一般的にご飯、もち、中華麺、そば、うどんなど他の炭水化物源と比べてカロリーが高い傾向にあります。

ここでは、これらの食品と食パンの100gあたりの栄養素を比較しています。

ご飯との比較

ご飯と比較すると、食パンはカロリー、タンパク質、脂質、炭水化物ともに高い数値を示しています。

具体的には、角型食パンは248kcalに対してご飯は156kcalです。

このため、糖質制限を行っている場合は、同量を食べてもご飯の方がカロリーが低いと言えます。

もちとの比較

もちとの比較では、食パンはもちよりカロリーがやや高く、もちが223kcalであるのに対し食パンは248kcalです。

ただし、もちの炭水化物量は食パンより多いです。

脂質制限を考慮する場合、もちを主食として選ぶのが良い選択肢になり得ます。

中華麺との比較

中華麺との比較では、食パンと中華麺のカロリーはほぼ同等ですが、食パンの方が脂質が、中華麺の方が炭水化物が多いです。

日々の食事で脂質と炭水化物のバランスに注目し、適切な食品を選ぶことが推奨されます。

そばとの比較

そばと食パンを比較すると、そばは食パンよりカロリーが若干高く、そばが271kcal、食パンが248kcalです。

しかし、そばのGI値は低く、脂質含有量も少ないため、ダイエット中の方に適しています。

うどんとの比較

うどんと食パンを比べた場合、カロリー面では似ていますが、食パンは脂質が、うどんは炭水化物が多く含まれています。

このため、1日の栄養摂取のバランスに基づいて選択することが望ましいです。

健康に良い食パンの食べ方

食パンは他の炭水化物源に比べてカロリーがやや高いですが、その便利さや焼いた際の香りは大きな魅力です。

この記事では、食パンを食べる際に太りにくい方法を紹介します。

これらの簡単な工夫を取り入れることで、食パンをより健康的に楽しむことができます。

食パンを単品で食べない

食パン単体では栄養バランスが偏ることがあります。

特にタンパク質は重要な栄養素なので、サラダチキンやツナなどのタンパク質源と合わせて食べることを推奨します。

野菜たっぷりのサンドイッチにする

食パンに含まれる難消化性でんぷんを活かし、野菜を多く使ったサンドイッチを作ると、食物繊維が豊富な食事になります。

生野菜だけでなく、加熱した野菜も使うと食べやすくなります。

たとえば、キャロットラペやゆでたほうれん草を使った卵サラダなどがおすすめです。

ゆっくり噛んで食べる

食パンは柔らかく、つい早食いになりがちですが、それでは満腹感を得にくくなります。

しっかりと噛んでゆっくり食べることで、過食を防ぎ、満足感を高めることができます。

全粒粉の食パンを選ぶ

食パンの選び方として、全粒粉を使ったものを試してみるのが良いでしょう。

全粒粉は通常の小麦粉と違って小麦の表皮や胚芽を含んでおり、栄養価が高くなっています。

特に食物繊維が豊富なので、栄養バランスを考えたり、食物繊維の摂取を心がけたりしている方には最適です。

製パンメーカーごとのカロリー比較

製パンメーカーごとに異なる食パンのカロリーについて、主要な製パンメーカーの製品を比較しています。

ヤマザキ製パン、フジパン、敷島製パンなどの製品は、原材料や製法によってカロリーが異なり、それぞれに特徴があります。

ヤマザキ製パン

ヤマザキ製パンの「ロイヤルブレッド」は、小麦の風味とバターのコクが特徴で、6枚切りが169kcal、8枚切りが129kcalのカロリーがあります。

一方で、「超芳醇」という別の製品はソフトでしっとりした食感と小麦の甘みが特徴で、6枚切りが168kcalとなっています。

フジパン

フジパンの「本仕込食パン」は、もっちりした食感に焦点を当てて開発された製品で、4枚入りが251kcal、5枚入りが200kcal、6枚入りが168kcal、8枚入りが126kcalです。

この製品は日常的に多くの家庭で利用されています。

敷島製パン

敷島製パンは「Pasco」ブランドで知られ、バゲットやマフィン、フォッカッチャなど多様な製品を提供しています。

「超熟」という製品は特に人気で、4枚入りが246kcal、5枚入りが197kcal、6枚入りが164kcal、8枚入りが123kcal、10枚入りが99kcalのカロリーを持っています。

これらの情報から、食パンのカロリーは製品ごとに大きく異なることがわかります。

好みや健康上のニーズに応じて、適切な製品を選ぶといいでしょう。

食パンのカロリーに関するよくある質問

食パンのカロリーについての一般的な疑問を2つ紹介します。

カロリーに関する不明点や不安を感じている方は、以下の情報を参考にしてください。

食パンの耳のカロリーについて

食パンの耳は、他の部分と比べると若干カロリーが高い傾向があります。

100gあたりのカロリーと栄養成分は次の通りです。

スクロールできます
製品カロリータンパク質脂質炭水化物
角型食パン248kcal8.9g4.1g46.4g
耳を除いた部分226kcal8.2g3.7g42.6g
耳の部分のみ273kcal9.7g4.5g50.8g

食パン1枚における耳の比率を考えれば、カロリーを過度に心配する必要はありません。

また、食パンの耳を避ける行為は食品ロスに繋がり、環境への影響も考慮すべきです。

全粒粉と小麦粉の違い

全粒粉と小麦粉の主な違いは、使用される小麦の部位にあります。

小麦粉は表皮や胚芽を除去して製粉されますが、全粒粉はこれらを含めて製粉されます。

このため、全粒粉は小麦粉よりも栄養価が高く、特に食物繊維が豊富です。

例えば、強力粉100gに含まれる食物繊維は2.7gですが、全粒粉は100gあたり11.2gも含まれています。

栄養価の高さや健康面でのメリットから、全粒粉を使用したパンがおすすめです。

まとめ

食パンのカロリーと栄養素や、他の炭水化物との比較をご紹介しました。

ポイントをまとめると以下の通りです。

食パンの厚さとカロリー

食パンの厚さによってカロリーが異なり、厚切りは薄切りよりカロリーが高い。

例えば、4枚切り(90g)は223kcal、5枚切り(72g)は179kcal、6枚切り(60g)は149kcal、8枚切り(45g)は112kcalとなる。

製パンメーカーごとのカロリー差

各製パンメーカーの食パンは原材料や製法の違いによりカロリーが異なる。

ヤマザキ製パンの「ロイヤルブレッド」(6枚切り169kcal、8枚切り129kcal)、フジパンの「本仕込食パン」(4枚入り251kcal)、敷島製パンの「超熟」(4枚入り246kcal)などが例として挙げられる。

栄養成分

食パンにはタンパク質、脂質、炭水化物が含まれており、サイズによって量が異なる。

例: 4枚切り食パン(タンパク質8.0g、脂質3.7g、炭水化物41.2g)

トッピングには要注意

バターやジャムなどトッピングをすることで、摂取するカロリーが高くなる。

食パンをそのまま食べずに何かを塗ったり載せたりすることが多いが、カロリーが増えるので野菜やツナなど低カロリーなものをトッピングするよう注意が必要。

この情報を踏まえて、ダイエット中や健康に配慮している場合は、カロリーが低めの薄切りや、全粒粉を使用した食パンを選ぶのが良いでしょう。

また、異なる製パンメーカーの製品を試し、自分の好みに合った風味や食感を見つけることも大切です。

さまざまな製パンメーカーから出される製品の中から、自分の好みに合った食パンを見つけて、楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次