フランスパンの保存は冷凍が一番!保存方法と美味しい焼き方のコツを解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

新鮮なフランスパンは、焼きたての風味が楽しめる美味しい食べ物ですが、時間が経つとパンが乾燥してしまい、食べごたえがなくなることがあります。

しかし、乾燥したフランスパンでも湿度を保ちながら美味しさを引き立てる方法が存在します。

ここでは、パサパサになったフランスパンのおいしく焼く方法や適切な保存方法について詳しく説明します。

適切な保存と焼き方を実践すれば、いつでも美味しいフランスパンを楽しむことができます。

目次

フランスパンの特性

フランスパンは、その特有の硬さで知られています。

この硬さは、小麦粉、塩、酵母、水などのシンプルな材料から成り立っています。

一方、菓子パンなどは砂糖やバターなどの副材料が加えられているため、柔らかさを持っています。

材料の違いによって、フランスパンのようなシンプルなパンは「リーン系」、副材料が多く加えられるパンは「リッチ系」と分類されることがあります。

フランスパンの種類

フランスパンには3つの種類があります。

バゲット

フランスパンといえば、多くの人が最初に思い浮かべるのはバゲットです。

バゲットは一般的に、細長く伸ばされた生地を特徴とし、フランス語で「棒」や「杖」という意味があります。

この形状によって、パリッとした食感が生まれ、表面にはクープと呼ばれる割れ目のような模様が4本ほどあります。

バゲットは多くのパン屋で販売され、チーズやサラミをのせたオードブルにも使われることがあります。

パリジャン

パリジャンは、バゲットよりも大きく太い、かなりの大きさを持つフランスパンです。

その名前からもわかるように、「パリっ子」や「パリの人々」という意味が込められています。

パリジャンは、フランスの人々が路上で抱えて歩いているイメージに合致し、特に大きな特徴として5~6本のクープ(切れ目)を持っています。

バタール

「バタール」という名前は、バターを含むイメージを想起させるかもしれませんが、実際にはバターは一切使用されていません。

バゲットと同様に、シンプルな材料だけで作られています。

しかし、形状が異なり、他のフランスパンとは異なるモチモチとした食感を持っています。

フランス語で「中間」という意味を持つ名前通り、バゲットよりも太く短く成形されています。

この特徴により、甘いフレンチトーストにも適しています。

フランスパンの適切な保存方法

常温保存

フランスパンは、焼き立てが最も美味しいと言えますが、大きなパンは一度に完食するのが難しいこともあります。

購入後、当日または翌日に消費する場合は、常温保存がおすすめです。以下はその際の保存方法です。

常温での保存手順
  1. 購入時にフランスパンが入っていた紙袋から取り出します。
  2. ラップや薄いビニール袋を使用し、パンが空気に触れないようにしっかり包みます。
    ※パンが空気に触れると硬くなる可能性があるため、このステップは重要です。
  3. 風通しの良い、日光の当たらない涼しい場所で保存します。
    ※パン生地は湿気に敏感なため、湿度の高い場所は避けましょう。

夏季には、できるだけ当日中に消費することをおすすめし、それ以外の季節でも2日以内に食べ切るように心がけましょう。

湿度の高い場所でパンを放置すると、カビの発生が懸念されます。

カビが生えた場合は、健康に害を及ぼす可能性があるため、決して食べないでください。

常温での保存期間
  • 夏季:購入日
  • 春から秋・冬季:2日以内

冷蔵はおすすめしません!適切な冷凍保存方法

通常、パンは冷蔵保存よりも劣化しやすい傾向があります。

特に、フランスパンは0~4℃の環境で最も劣化しやすいと言われているため、冷蔵庫での保存は避けましょう。

冷蔵庫に入れてしまうと、乾燥が進み、パサパサになるだけでなく、味も劣化します。

フランスパンの風味が損なわれる可能性があるため、冷蔵庫での保存は避けましょう。

もし長期保存を希望する場合は、冷凍保存を検討しましょう。

冷凍での保存手順
  1. フランスパンを食べやすい大きさに切り分け、それぞれをラップで包みます。
  2. 大きなジップロック袋や冷凍用の密閉袋(フリーザーバッグなど)にパンを重ならないように収納し、空気をしっかり抜いてから封を閉じて冷凍庫で保管します。

この方法で、約2週間の保存が可能です。

特に大きなパリジャンなどは、一度に食べきることが難しいかもしれません。

したがって、カットして冷凍保存することをおすすめします。これにより、食べる際の手間も省けて便利です。

また、冷凍前に保存日と賞味期限をラベルに記入し、袋に貼っておけば、期限切れのものを食べる心配がありません。

焼きたてパンを冷ますことの重要性

焼きたてのフランスパンを保存したい場合、パンが十分に冷めるまで待つことが大切です。

パンがラップで包まれる際に余分な水分が残ると、パンがフニャフニャになる可能性があるためです。

冷凍フランスパンの美味しい再加熱方法

ここでは、冷凍したフランスパンを解凍し、再び焼く際の手順をご紹介します。

この方法を使用すれば、風味を損なわずに美味しく楽しむことができます。ぜひお試しください!

冷凍の再加熱手順
  1. 冷凍されたフランスパンを、ラップや袋に包まれたまま自然解凍します
    (解凍にかかる時間は大体30分〜1時間ほどです)。
  2. オーブントースターを事前に温めておきます。
  3. フランスパンの表面に霧吹きで軽く水をかけ、温まったオーブントースターの中に入れて焼きます。
    ※水分を含ませて高温で焼くと、パリッとした食感に仕上がります。ふっくらとした食感を好む場合は、アルミホイルで包んでから焼くと良いでしょう。

一度解凍したものを再び冷凍すると、食感や風味が損なわれる可能性があるため、解凍したらその日のうちに消費するようにしましょう。

まとめ:フランスパンを上手に保存しましょう!

この記事では、フランスパンの種類や特徴、適切な保存方法についてご紹介しました。

同じ材料を使用していても、形状によって異なる食感を楽しむことができます。

硬いパンが苦手な方にも、バタールはモッチリとした食感で食べやすいのでおすすめです。

フランスパンを選ぶ際は、食感や用途を考慮して種類を選んでみてください。

風味をできるだけ保つために、食べきれない場合はすぐに冷凍することをお勧めします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次