中学生と高校生の読書感想文の書き方を解説!構成や効果的なアプローチもお伝えします。

当ページのリンクには広告が含まれています。

夏休みの宿題で多くの中学生や高校生が直面するのが、読書感想文の課題ですね。

数学や英語といった科目は正解があり、なんとか形にすることができますが、読書感想文は自分の言葉で本の感動を伝える必要があるため、苦手意識を持つ人も多いです。

私も中学生や高校生時代は読書感想文に四苦八苦しました。

ですが、いくつかのコツを掌握すれば、読書感想文は思いのほかスムーズに書き進められるようになります。

実際、原稿用紙5〜6枚分の感想文を書くことが難しくなくなります。

そこで、この記事では中高生が読書感想文を書く際のポイントを、実例を交えてご紹介します。

読書感想文に頭を悩ませている全ての学生へ、このガイドが参考になればと思います。

実際の文章例も紹介していくので、具体的にどのように書けば良いのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

目次

中高生の読書感想文の書き方 効率よく終わらせるコツ

読書感想文の作成に取りかかる際、既に読む本が決まっている方はこのセクションを飛ばしても大丈夫です。

しかし、まだ決まっていないなら、早めに本を選ぶことをお勧めします。

特に、自分の経験や興味と共鳴する本を選ぶことが、感想文を書きやすくします。

例えば、部活動、ペットの飼育、友情や恋愛、家族、夢や平和についてなど、多くの人が共感できるテーマがおすすめです。

読書中のメモ取りと付箋の活用法

読書感想文を効率良く進めたいなら、読書中に感想文に活かせそうな部分に付箋を貼ることをお勧めします。

これにより、後で特定の内容を振り返りたいときにすぐに対応でき、全体の作業時間を短縮できます。

特に心に響いたシーンや主人公のセリフなどは、感想文の導入部にも使えるため、ぜひ注意深く選んでみてください。

物語の引用から始めると、感想文が読みやすくなり、良い印象を与えることが多いです。

これらの細かな工夫が、読書感想文の質を高め、書き手自身が本から得た深い感動や考察を、効果的に文章化する助けとなります。

また、自分の視点で本をどう捉えたかを中心に述べることで、オリジナルで魅力的な読書感想文が完成します。

最終的に、読書感想文は、自らの感じたこと、思ったことを素直に表現することが何よりも重要です。

指針やコツを参考にしつつ、本から受けた感動やメッセージを、自分なりの言葉で誠実に伝えましょう。

このプロセスを通じて、読書体験はさらに豊かなものになり、読書感想文はただの宿題を超えた価値ある自己表現の場となります。

ここまで紹介した方法や考え方を取り入れることで、読書感想文の作成がよりスムーズに、そして楽しく進むはずです。

読書を通じて新しい発見をしたり、自己の内省に繋がったりすることで、読書感想文は単なる課題ではなく、自己成長の機会ともなり得ます。

読書後の感想を記録しよう

本を読み終わったら、すぐに正式な感想文を作成する前に、気軽に手の届くノートや広告の裏などに、読んだ本の感想を自由にメモしてみましょう。

初期段階では、ただ頭に浮かんだことを書き留めるだけで十分ですので、文章を上手く書く必要はありません。

思いついたことをどんどん書き出して、「これは!」と思うポイントを見つけたら、それをはっきりさせておくといいでしょう。

重要なポイントを見つけたら、それをあなたの感想文の中で強調したいメインのメッセージとして、文章の展開で「転換点」や「結論」として取り入れます。

感想文を構築するプロセスは、このメインのメッセージに向けて他のメモを配置していく作業になります。

このプロセスをパズルを解くかのように楽しんでみてください。

「それでも、どうすればいいか具体的に分からない」と感じるかもしれませんね。

確かに、ここまでの説明だけでは具体的なイメージがわきにくい場合もあるため、以下でさらに詳しくご説明します。

中高生の読書感想文 書くべき構成とは?

中高生の読書感想文 効果的な構成方法

中学生が読書感想文を書く際、文章の「構成」は非常に大切です。

一般的な構成は以下の通りです。

  1. 題名
  2. 起(導入部)
  3. 承(本文の開始、展開)
  4. 転(物語のクライマックス、展開の高まり)※省略可能
  5. 結(締めくくり、結論)

この基本構成を踏まえ、各部を詳細に検討しましょう。

中高生の読書感想文 題名のつけ方

題名は、感想文の最初に読者の目に触れる部分であり、感想文の「顔」とも言えます。

多くの人がシンプルな「〇〇を読んで」という形式を選びがちですが、もっと印象的な題名を考えてみましょう。

読んだ本の内容や得られた教訓、感想を題名に反映させることで、題名がぐっと引き立ちます。

  • 「舟を編む」と私の物語
  • 「くちびるに歌を」が教えてくれたこと
  • 「下町ロケット」と私の成長

更に創造的な題名を目指すなら、以下のアプローチを試してみてください。

  • 本のテーマに沿った題名を考える
  • 本から得た教訓を題名にする
  • 主人公の名前を題名に取り入れる
  • 疑問形で題名をつける
  • 否定的な表現を使ってみる

中高生の読書感想文 魅力的な導入の作り方

文章を書き始めるとき、読者の関心を引きつけることができる「導入部」は非常に重要です。

興味深い導入部があれば、その後の内容が多少乱れたとしても、読者は良い印象を持ち続けることが多いです。

特に、読書感想文では、導入部が全体の印象を大きく左右しますから、ここには特に注意を払いましょう。

導入部には、次のようなアプローチが効果的です。

本との出会い

どのような経緯でその本を読むことになったのか、その本に興味を持った理由などを記述します。

疑問を提示する

読書を通じて抱いた疑問や、本のテーマに関連する問いを投げかけることで、読者の好奇心を刺激します。

引用を活用する

本の中から特に印象に残ったセリフや場面を引用し、それについての自分の感想や考察を展開します。

これらの手法を使うことで、読者はあなたの読書体験や本に対する思い入れを共有することができ、感想文全体を通じて興味を持ち続けるでしょう。

以下に、具体的な導入部の例をいくつか挙げてみます。

「この本との出会いはまさに運命だったとしか言いようがありません。
偶然手に取ったこの本が、私の世界観を変えてくれました。」

「なぜ私たちは、運命や偶然に心を動かされるのでしょうか?
この本を読んで、私は人生の不思議さについて深く考えさせられました。」

「”君は勇敢だ、だから生き残ったんだ” この一節は、本を閉じた後も長く私の心に残り続けました。」

読書感想文の導入部には、自分なりの視点や感情を込めることで、読者にあなたの読書体験をより深く、より個人的なものとして伝えることができます。

本の内容をただ要約するのではなく、読んで感じたこと、学んだことを率直に伝えることが、魅力的な読書感想文を書く鍵となります。

選んだ本について述べる

私はクラリネットを吹く吹奏楽部の一員です。

ある日、書店で「吹奏楽部のトリセツ!」という本に遭遇した瞬間、心の中で「これは私のためにある本だ!」と直観し、わくわくしながらそれを購入しました。

家に帰り、本を開いたその時…

読書感想文において、選んだ本について語る際、「なぜこの本を選んだか」や「どのようにしてこの本と出会ったか」を述べることは、感想文を書き始めるうえで役立ちます。

「この本に惹かれた理由は〜で、」「この本を見つけた時、〜に魅力を感じました」などといった表現が適しています。

「友人に勧められたから」「ひと目見て興味を持ったから」といった動機でも問題ありません。自分の正直な気持ちを表現してみましょう。

疑問形で導入する

もし自分や大切な人が、「博士の愛した数式」の主人公のように記憶が短期間しか持たなかったら、どのように対応するだろうか?

博士や家政婦のように、優しく生きることは可能だろうか?

文章を疑問形で始める方法は、感想文に深みを加える効果的な手法です。

疑問に対する自分の考えを述べていくことで、スムーズに文章を展開できます。

「もし自分が物語の主人公だったら、同じように振る舞えるだろうか?」

「友人が特定の状況に遭遇したら、どう対処するだろうか?」

「主人公はどのようにして困難を乗り越えたのだろうか?」

このように進めることができます。

セリフを用いて書き始める

「一日の価値は、誰にとっても同じだよ」

これは、「君の膵臓をたべたい」で余命が短いことを知った桜良が、主人公に向けて言った言葉です。

限られた時間の中でも、毎日を大切に生きる桜良の姿勢が、読む人に生命の価値について考えさせます。

感動的なセリフや場面を感想文の冒頭で引用することは、読者の関心を引きつける良い方法です。

読書中に特に心に残った部分に付箋を貼っておくと、書き始める際に参考になります。

中高生の読書感想文 本文の書き方

読書感想文を作成する際は、基本的に2つのアプローチがあります。

  • 簡潔なバージョン:要約と個人の感想に焦点を当てます。
  • 詳細なバージョン:自分の体験や学んだことを組み合わせて記述します。

どちらがより高い評価を受けるかは明らかですが、中学生や高校生には、詳細なバージョンで挑戦してほしいと思います。

それでも、「人それぞれに得意不得意があるし、他にやりたいことがあれば、読書感想文を深く考え過ぎずにサクッと完成させても良い」という考え方も一理あります。

教員の期待を満たすことよりも、自分自身の感じたことや考えたことを素直に表現することが、読書感想文の本質です。

簡潔なバージョンの書き方

シンプルバージョンでは、読んだ本から特に心に残ったシーンやテーマをいくつか選び、それらについて簡潔に述べます。

始める際には、「この本を読んで特に感じたことは3つあります」とすることも一つの方法です。

  1. 最初に感動したシーンは〜で、その時私は〜と感じました。
  2. 二つ目に印象深かったのは〜で、これを通じて〜について考えさせられました。
  3. そして最後に特に心に残ったのは〜です。この部分から、私は〜を学びました。

文章をこのように構成することで、読んだ本から得られた教訓やインスピレーションを明確に伝えることができます。

文字数に制限がある場合は、各ポイントをさらに詳しく説明することで、内容を充実させることができます。

一方で、より良い評価を目指す場合は、感想の部分をさらに詳細に記述し、自分の経験や本から得た学びをどう感じたかを具体的に書くことが重要です。

そうすることで、単なる読書記録を超えた、深みのある感想文を作成することが可能になります。

読書感想文は、読んだ本を通じて自己の内面を振り返り、成長する機会を提供してくれます。

本から受けた影響を自分の言葉で語ることで、読書の経験がより一層豊かなものになり、自分自身の思考や感情を深く掘り下げることができます。

このプロセスを楽しむことが、読書感想文を書く上での最大の鍵となるでしょう。

詳細なバージョンの書き方

詳細なバージョンでは、読んだ本の詳しい内容を紹介するだけでなく、その本を通じて自分の過去を振り返り、経験や感情に焦点を当てることが、実はとてもシンプルかつ効果的な方法です。

たとえば、スポーツをテーマにした本を読んだなら、自身がスポーツをしていて感じた喜びや挫折、成長や仲間との絆など、個人的な体験を文章に反映させてみましょう。

読んだ本のストーリーを直接紹介するのではなく、あなたの実生活での体験を通して、その本から得た影響や教訓に触れることがポイントです。

具体例を紹介します。

私は野球部でプレイしていますが、しばしばベンチを温めることが多いです。

実戦ではなかなか成果を出せず、練習にもかかわらず成果が見えないことに悩んでいました。

しかし、「ホームランを打ったことのない君に」という本を読み、大きな勇気をもらいました。

「始める前から諦めてしまうのかい?」

この一言が、私の心に響きました。最初は、自分の努力を外からは理解できないと感じて反発もしました。

ですが、本の深い意味を理解すると、自分の考え方を改めるきっかけになりました。

¥1,320 (2024/03/25 04:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahoo!ショッピング

この本は、特に中学生におすすめしたい作品です。

読書が苦手な人にも親しみやすい内容で、感想文作成もスムーズに進みます。

もし図書館で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

中高生の読書感想文 まとめ方

感想文の本体を書き上げた後は、締めくくりとして「まとめ」を加えます。

ここでは複雑な分析をする必要はありません。「読書によって自分がどのように変わったのか、何を学んだのか、そしてそれをこれからの生活でどう活かしていくか」を明確にすることが求められます。

例えば、

以前は一方的な視点で物事を見ていましたが、この本を読んで、さまざまな角度から物事を考えられるようになりました。

この本を読んで、新しい目標を見つけました。これからはその目標に向けて精進していきます。

特定の教訓をこの本から得ました。今後はその教訓を日々の生活に生かしていきたいと思います。

このように具体的に書くことで、読書感想文が一層深まります。

一例を挙げると、

「ホームランを打ったことのない君に」を読んで、決して諦めずに努力を続けることの大切さを学びました。

それ以来、練習の取り組み方が変わり、以前よりも一層集中して取り組むようになりました。

練習が厳しいのは変わりませんが、物語の中でキャラクターが乗り越えた困難を思い返すと、自分も頑張れると感じるようになりました。

まだホームランは打てていませんが、その夢を諦めることなく、日々努力を重ねていくことが、私がこの本から得た最も大きな教訓です。

この本に出会えたことで、技術を磨くだけではなく、精神的な強さを育むことができました。

これからもこの学びを胸に、日々の挑戦に立ち向かい、少しずつでも前進していくつもりです。

このように、「まとめ」では読書を通じて得た教訓や影響を自己の成長や今後の行動にどのように活かすかを簡潔にまとめることが重要です。

それにより、読書感想文は単なる課題の完成を超え、自己発見や自己表現の手段として、さらに価値のあるものになります。

読んだ本から受けた刺激や感動を、自分の生活や将来にどのように結びつけるかを考えることで、読書感想文はより一層充実した内容に仕上がるでしょう。

中高生の読書感想文 効果的な書き方とそのコツ

文章の骨組みができたら、次にその内容を原稿用紙に書き移す作業が始まります。

最初から完璧に書き上げる自信がない場合は、下書きをノートにするといいでしょう。

準備しておいたメモを元に文章を進めていきますが、メモした全てをそのまま使う必要はありません。

もし内容が長すぎる場合は、不要な部分を省略し、短すぎる場合は話を広げて詳細を加えてみましょう。

読書感想文をすばやく完成させるには、とにかく書き始めることが大切です。

書かずにいては何も始まりませんし、書き進めることで自然に文章がまとまっていきます。

感想文が完成したら、最後に読み返して誤字脱字や文章の矛盾がないかを確認すれば、作品は完成です。

原稿用紙での感想文の書き方における注意点

原稿用紙で感想文を書く際は、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 題名は原稿用紙の上から3行目から始めます
  • 氏名は姓と名の間に1マス空け、名前の下にも1マス空けます
  • 文章の開始は1マス空けてから行います
  • 直接話を表現する場合は「」で囲みます
  • 句点(。)、読点(、)や小さい文字(ゃ、ゅ、ょ、っ)が行の最初にくる場合は、前行の最後に記載するか、マスの下部に記載します

まとめ:中高生向け読書感想文作成のポイント

読書感想文を書く際は、まず自分の直感や本から受けた感想をメモすることから始めます。

これらのメモは、感想文の草稿として活用でき、文章の概要を形成する基礎となります。

内容が多すぎたり足りなかったりする場合は、それぞれ適宜調整します。

文章を書く上で、書き始めることが何よりも重要で、最初は草案であっても構いません。

書き進めるうちに内容が整理され、形になっていきます。

完成したら、最終的な確認を行って仕上げます。

原稿用紙に感想文を記入する際は、基本的な書式に留意しつつ、直接話を適切に表現し、句読点や小さな文字の位置にも注意しましょう。

読書感想文で良い評価を得るためには、単に本のあらすじを書くのではなく、読んだ内容を自分の経験や生活と結びつけて考察し、それを文章に反映させることが重要です。

このアプローチにより、読書感想文は単なる課題を超えて、自分自身の内省や成長につながる有意義な活動へと変わります。

感想文の作成過程を楽しむことで、自分の思考や感じたことを自由に表現することが可能になります。

この過程では、本から受けたインスピレーションや新たな発見を、自分自身の言葉で伝えることが大切です。

最後に、読書感想文は単に本を読んだことを報告するだけではなく、その体験を通じて自分がどう感じ、どう考えたかを深く掘り下げる機会です。

本を読むことで触れた新しい世界観や価値観、感情や思考の変化を、読書感想文に映し出すことで、より一層充実した内容に仕上がります。

読んだ本を自分の生活や将来の行動にどう結びつけるかを考えることで、読書感想文は単なる宿題を超えた、学びと成長の場となるでしょう。

こうして、読書感想文を書く過程は、読んだ本と自己との対話の時間でもあります。

自分自身の内面に目を向け、読書を通じて得た教訓や感動を深く理解することで、読書感想文は自己表現の豊かな手段となります。

このプロセスを通じて、読書の喜びや本の世界の奥深さを改めて感じ取ることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次