QRコード決済と電子マネーの違いは?特徴とメリットとデメリットも徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

デジタル決済には、QRコード決済と電子マネーの二つの主要な方法がありますが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか?

電子マネーには多くの種類が存在し、「どの方法が最もコストパフォーマンスが高いのか?」と疑問に思う人は多いでしょう。

私もこれまでPayPayやSuicaをよく使っていましたが、さらに使い勝手が良くコスト効率の高い方法を探すために調べてみました。

ここではQRコード決済と電子マネーのそれぞれの特徴、そして利点と欠点をわかりやすく説明します。

この情報をもとに、自分に最適なキャッシュレス支払い方法を選びましょう。

目次

QRコード決済と電子マネーの違いとは

まずは、QRコード決済と電子マネーがどのような仕組みなのかを見ていきましょう。

QRコード決済の特長

最近注目されている支払い方法の一つが、QRコード決済やバーコード決済です。

これらは専用アプリをダウンロードし、設定することで利用できます。

支払い時には、利用者が提示するQRコードを店舗がスキャンするか、あるいは店舗が提示したQRコードを利用者のスマートフォンで読み取ります。

店舗によっては読み取り方法が異なるため、事前に確認することが大切です。

QRコード決済アプリでは、事前に金額をチャージしたり、クレジットカードや銀行口座を登録しておくことが可能です。

スマートフォンがあれば、クレジットカードを使うよりも手軽に支払いが済ませられます。

電子マネーの主要な特徴

電子マネーには大きく分けて二つのタイプがあります。

事前にスマートフォンアプリやカードにお金をチャージするプリペイド型と、利用後に支払いをするポストペイ型です。

電子マネーの最大の魅力は、支払いの際に専用端末にスマートフォンやカードをかざすだけで簡単に決済ができる点です。

プリペイド型では、利用者があらかじめチャージした金額から購入金額が引かれます。

Suicaのような電子マネーは、主に事前にチャージして使用するイメージがありますが、ポストペイ型では利用額が後日登録済みのクレジットカードから引き落とされます。

チャージの方法はアプリによって異なり、一般的に現金やクレジットカードが使えます。

現金の場合はコンビニなどの加盟店や専用機で、クレジットカードではアプリでチャージが可能です。

また、残高が一定額以下になると自動的にチャージするオートチャージ機能が付いている電子マネーもあります。

電子マネーは、Suicaのようなカード型やスマートフォンのNFC機能を活用した型など、様々な形態で使用できます。

カードにはチップが内蔵されており、専用端末にかざすだけで決済が完了します。

カードタイプもスマートフォンタイプも使用方法は基本的に同じです。

しかし、電子マネーが使える場所は発行元によって異なり、店頭に表示されているリストを確認することが大切です。

QRコード決済と電子マネーの違い

QRコード決済と電子マネーの主な違いを見ていきましょう。

QRコード決済は主に画像データを使い、電子マネーは専用のICチップを使用しています。

電子マネーは加盟店が特定の読み取り機を設置している必要があるため、すべての店舗で利用できるわけではありません。

どちらの決済方法も、事前にチャージした金額を使用するか、登録したクレジットカードから後日引き落とされるという共通点があります。

デジタル決済の利点と課題:QRコード決済と電子マネー

ここでは、QRコード決済と電子マネーのそれぞれについて、メリットとデメリットを探っていきます。

QRコード決済のメリットとデメリット

まず、QRコード決済の特長について見てみましょう。

QRコード決済のメリット

  • 手軽でスムーズな支払い体験
  • 豊富なポイント還元やキャッシュバックの提供
  • アプリダウンロードで簡単に始められる
  • 加盟店が増加している

QRコード決済の最大のメリットはその利便性です。

専用アプリを使用して支払いを行うため、現金払いに比べて時間を節約できます。

キャッシュレス化が進む中、多くの店舗が高いポイント還元率やキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

審査が不要で、アプリをダウンロードして簡単な設定をするだけで利用できます。

また、利用できる店舗が増えており、多くの場所で使用可能です。

QRコード決済のデメリット

  • すべての店舗で利用できるわけではない
  • スマートフォンが必要
  • バッテリーの残量や通信環境に左右される

QRコード決済のデメリットとしては、利用できる店舗に限りがあることが挙げられます。

新しい店舗で利用する際には、事前に確認が必要です。

この決済方法はスマートフォンが必須で、スマートフォンを持っていない人には不便です。

また、バッテリーが切れてしまうと使用できないため、バッテリーの残量に注意が必要です。

さらに、通信環境によってはQRコードの読み取りがうまくいかないことがあり、特に地下などの通信が不安定な場所では利用に影響が出ることもあります。

電子マネーのメリットとデメリット

電子マネーの利点と欠点について詳しく見ていきましょう。

電子マネーのメリット

  • カードとスマートフォンの選択肢
  • 駅や店で簡単に発行・チャージ可能
  • 財布を持たずに済む利便性
  • 支出の簡単な管理
  • ポイントの積み上げ

電子マネーの最大のメリットは、支払いの迅速さにあります。

現金を使う必要がないため、支払いがスムーズに行われます。

スマートフォンをかざすだけで簡単に決済できるので、手間がかかりません。

小銭による財布の重さやかさばりがなく、荷物が多いときに特に便利です。

アプリで支払い履歴を確認できるため、購入履歴の追跡も容易になります。

ポイントが貯まることも大きな利点で、貯めたポイントは後で支払いに利用でき、節約にもつながります。

カードタイプの電子マネーは、スマートフォンを持っていない人や操作が苦手な人でも簡単に使えます。

スマートフォン決済タイプは、スマートフォンをかざすだけで支払いが完了し、別途カードを持ち歩く必要がありません。

プリペイド型は、チャージした金額の範囲内でのみ利用できるため、無駄使いを防ぐ効果があります。

事前審査が不要なのも大きなメリットです。

ポストペイ型は、サインや暗証番号の入力が不要で、カードをかざすだけで支払いが完了するため、使い勝手が良いです。

電子マネーのデメリット

便利な電子マネーですが、いくつかのデメリットも存在します。

  • カードタイプのデメリット
  • 磁気障害のリスク
  • 初期費用や手数料がかかる可能性
  • スマートフォン決済のデメリット
  • サービス終了のリスク
  • セキュリティ上の不安
  • プリペイド型のデメリット
  • 事前にチャージする必要がある
  • ポストペイ型のデメリット
  • 支出を過剰にしてしまうリスク

電子マネー全般の一般的なデメリットとしては、チャージの手間や上限が設けられていることがあります。

クレジットカードと連携するオートチャージ機能を使うと便利です。

紛失した場合のセキュリティ面も懸念され、チャージされたICカードやスマートフォンが盗まれると残高が失われる可能性があります。

カードタイプは、他の磁気製品との接触により磁気障害を受けて使用できなくなるリスクがあります。

また、発行時の初期費用や手数料がかかることもあります。

スマートフォン決済は便利ですが、提供サービスが終了するリスクやセキュリティ上の問題が起こる可能性があります。

特に新しいサービスを利用する際には注意が必要です。

プリペイド型は、利用前にチャージする必要があり、一度チャージした資金は通常払い戻し不可です。

ポストペイ型では、後払いのために計画的でない支出が発生するリスクがあります。

QRコード決済の種類と特徴

QRコード決済には様々な種類があり、それぞれに独自の特徴が存在します。いくつかの主要なサービスを紹介します。

PayPayの特徴とサービス概要

PayPayは、ソフトバンクとYahoo!の合同会社が提供する、人気の高いQRコード決済サービスです。

定期的に実施されるポイント還元キャンペーンが特徴で、特にYahoo! ショッピングでの利用時には多彩なキャンペーンが用意されています。

操作画面が使いやすくシンプルであることがPayPayの大きな魅力の一つです。

支払いプロセスがスムーズで、利用状況や支払い管理も簡単に行えるため、支出の把握が容易です。

全国200万ヶ所以上の店舗で利用可能で、オンラインショップだけでなく、コンビニやスーパー、飲食店など幅広い場所で使用できます。

Yahoo!JAPANカードと連携することで、常時0.5%から最大1.5%のポイント還元を受けることができるため、キャッシュレス決済を始める初心者にもおすすめのサービスです。

LINE Payの特徴とサービス概要

LINE Payは、広く使われているメッセージングアプリ「LINE」に組み込まれた決済機能を持っています。

アプリ内で簡単に登録できる手軽さが魅力で、銀行口座やコンビニでのチャージも可能です。

また、LINE Payボーナスというポイント還元システムが採用されています。

QRコード決済を行うと、0.5~2%のポイントが還元されます。

利用者には「バッジカラー」が割り当てられ、このカラーによって還元率が変わります。

バッジカラーは1ヵ月間のLINE Pay利用額に基づいて決まり、グリーン、ブルー、レッド、ホワイトの4色があり、それぞれに異なる金額帯と付与率が設定されています。

LINE Payはクレジットカードがなくても使用できるので、キャッシュレス決済を始める初心者にとっても理想的な選択です。

楽天ペイの特徴とサービス概要

楽天ペイは、特に楽天サービスの利用者に最適なQRコード決済手段です。

楽天カードでチャージや決済を行うと、常に1.5%のポイントが還元されます。

さらに、決済時には楽天スーパーポイントが加算される「ポイント二重取り」が可能です。

このポイントはアプリを通じて店舗での支払い時に利用できます。

楽天カードを持っている場合、カード利用でさらに楽天スーパーポイントを獲得できるため、ポイントを積極的に貯めたい方には特におすすめのサービスです。

電子マネーの種類:プリペイド型

電子マネーには、事前にチャージして使うプリペイド型と、使用後に支払うポストペイ型があります。

ここでは、プリペイド型に焦点を当てて紹介します。

Suicaの特徴

JR東日本が発行するSuicaは、コンビニ、NewDays、デニーズ、紀伊国屋書店など、多くの店舗で使用できます。

ウェブでの登録を行うと、対象店舗での利用で100円または200円ごとに1ポイントが付与されます。

JR東日本の在来線利用時にもポイントが貯まります。

カードタイプのSuicaでは運賃の0.5%、モバイルSuicaでは2%のポイントが付与され、チャージ上限は20,000円です。

nanacoの特徴

セブン&アイ・ホールディングスが提供するnanacoは、セブンイレブンをはじめとする多くの店舗で利用できる電子マネーです。

イトーヨーカドーやマクドナルド、ビックカメラなど全国約55万ヶ所で使用可能です。

200円ごとに1ポイントが貯まり、「1ポイント=1円」として利用できます。

イトーヨーカドーでは「8のつく日」に利用すると割引が受けられ、セブンイレブンではボーナスポイントがもらえます。

チャージの1回あたりの上限は49,000円です。

WAONの特徴

WAONは、イオングループが運営する電子マネーサービスです。

全国のコンビニ、イオン、コスモ石油など約51万か所で利用することができます。

200円毎に1ポイントが貯まり、貯めたポイントは1ポイント=1円として使用可能です。

イオンでの買い物では、毎月20日と30日には5%割引の特典があり、毎月10日は200円で5ポイントが付与されます。

一度のチャージ上限額は49,000円です。

さらに、イオンカード(クレジットカード)、WAON、イオン銀行のキャッシュカードの3つの機能が一つになった「イオンカードセレクト」もあり、イオンで頻繁に買い物をする人には最適なオプションです。

楽天Edyの特徴

楽天Edyは、電子マネーの先駆けとして知られています。

全国約70万か所のコンビニ、家電量販店、大手ドラッグストアなどで利用できます。

200円ごとに1ポイントが貯まり、貯めたポイントは「1ポイント=1円」として使えます。

定期的に行われるポイントアップキャンペーンなどを通じて、さまざまな店舗での利用が可能です。

チャージの上限は一度に25,000円までです。

電子マネーの種類:ポストペイ型

ポストペイ型の電子マネーは選択肢が少ないですが、その利点も見逃せません。

プリペイド型と異なり、使い過ぎる心配が少なく安心して利用できる点がメリットです。

QUIC Payの特徴

QUIC PayはJCBが提供する電子マネーサービスで、全国約90万ヶ所のコンビニ、イオン、イトーヨーカドー、ドラッグストアなどで使えます。

使用するカードによって還元率が異なります。

例えば「JCB一般カード」は還元率が0.5%で、最高3,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。

また、「リクルートカード」は常時1.2%の還元率で、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いています。

iDの特徴

iDはNTTドコモが提供する電子マネーサービスで、全国約100万ヶ所のコンビニ、大手ドラッグストア、ファミリーレストランなどで利用可能です。

iDに対応している主なクレジットカードは以下の通りです。

  • dカード:常時1%のポイント還元が特徴です。
  • 三井住友VISAクラシックカード:基本還元率は0.5%です。
  • Orico Card THE POINT:常時1%の還元率で、入会後の初めの半年間は2%の還元が適用されます。

QRコード決済と電子マネーの違い、メリットとデメリット

QRコード決済と電子マネーの違い、そしてそれぞれのメリットとデメリットを包括的にまとめました。

各決済サービスの特性や利点、デメリットを比較し、よく使う店舗で利用できるサービスを試すことで、自分に合った決済方法を見つける手助けとなります。

キャッシュレス決済サービスには、ポイント還元の仕組みや割引率がサービスによって異なりますので、利用する前に各サービスの特徴をよく検討し、適切な選択をすることが大切です。

自分に最適なサービスを選んで、賢く利用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次