壁掛けテレビのデメリットは何?時代遅れ?部屋の雰囲気を洗練された印象に変えよう!

当ページのリンクには広告が含まれています。

「壁掛けテレビとスタンド型テレビ、どちらがいいのかしら?」

「壁掛けテレビの良い点と悪い点って何だろう?」

こんな疑問を抱えている方は少なくないでしょう。

部屋の雰囲気をガラッと変え、洗練された印象をもたらす壁掛けテレビ。多くの人に憧れられるアイテムです。

特に、限られたスペースを上手に活用したい、小さめの住空間にお住まいの方にはピッタリです。

でも、「もしかして古いスタイル?」「取り付けが大変そう…」といった心配から導入をためらっている方もいるかもしれません。

この記事では、壁掛けテレビの良い点と注意点を詳しくご紹介し、どんな方に向いているのかを解説します。

壁掛けテレビの導入に迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください。きっと疑問が解消されるはずです!

目次

壁掛けテレビのデメリット

壁掛けテレビを検討中の方が知っておくべきデメリットは次の3点です。

  • 配線が計画的でないと目立ってしまう
  • 設置場所を変えるのが難しい
  • 視聴角度が限られる可能性がある

これらのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

配線が計画的でないと目立ってしまう

壁掛けテレビ設置時には、すっきりとした見た目を保つことが大切です。

特に重要なのが配線の整理です。配線が目立たないように、計画的に管理する必要があります。

配線を適切に処理しないと、乱雑な印象を与えてしまい、せっかくのスタイリッシュなテレビ周りが台無しになってしまいます。

一般的な対策としては、次の方法があります。

  • 壁内に配線を隠す
  • 壁に設置するモールで配線を整頓する

ただし、壁の構造や配線方法によっては専門的な知識や追加費用が必要な場合もあります。特に賃貸住宅では、壁への加工が難しい点に注意が必要です。

設置場所を変えるのが難しい

壁掛けテレビを一度設置すると、その場所を後から変更するのは難しいです。

これは、設置作業が複雑なためだけでなく、設置できる場所に制限があるからです。

壁掛けテレビを設置できるのは、壁の強度や構造が適している場所に限られます。

例えば、テレビの重さを支えられるコンクリートやレンガの壁が必要で、強度が足りなければ補強する必要が出てきます。

このような理由から、部屋のレイアウトを頻繁に変えたい場合、壁掛けテレビの設置場所を変更するのは難しいと考えておくべきです。

ただ、部屋の構造に問題がない、または設置場所を入念に計画しているなら、この問題は心配ないでしょう。

視聴角度が限られる可能性がある

壁掛けテレビは壁に固定されているため、視角の調整に制限があります。

この固定された状態が、視角を自由に変えることを困難にしています。

テレビの高さや角度の調整は、設置場所に依存し、場所によっては視認性に問題が出ることもあります。

そのため、設置場所と視聴場所が合っているかをしっかり検討することが大切です。

部屋のレイアウトによっては適切な設置場所が見つからないこともあります。

しかし、可動式のアームを使用すれば、位置調整が柔軟に行えるため、少々高価でもその便利さは大きいでしょう。

壁掛けテレビのメリット

壁掛けテレビには、いくつかのデメリットがある一方で、多くのメリットもあります。

  • スペースを効率的に活用できる
  • 部屋のデザインを向上させる
  • 災害時の安全性が高い
  • 視線の高さを調整しやすい

これらのメリットについて詳しく見ていきましょう。

スペースを効率的に活用できる

壁掛けテレビ最大の魅力は、テレビスタンドや台が不要になり、部屋のスペースを広く活用できることです。

通常、床に置かれるテレビは場所を取りますが、特に大きなテレビ台を使うと、部屋の広さが制約されがちです。

壁掛けテレビなら、そのスペースを有効活用し、部屋を広く見せることができます。

さらに、他の家具を配置することで部屋の雰囲気を変えることも可能です。

テレビ周辺は物が溢れやすくスペースを占めがちですが、壁掛けにすることでスペースを確保し、部屋のレイアウトもしやすくなります。

また、ゲーム機やレコーダーなどの収納が必要な場合、壁掛け収納棚を設置してテレビと合わせることで、スペースを有効に使いながら収納できます。

部屋のデザインを向上させる

壁掛けテレビを設置することで、部屋の印象を一新し、モダンな雰囲気を作り出すことができます。

テレビ台が不要になることで、テレビ周りがすっきりし、部屋全体の洗練された印象が強まります。

これは、部屋の雰囲気を変えるのに最適な方法です。

長年にわたり、テレビ番組や映画に登場するセレブリティの住宅でよく見られる壁掛けテレビは、多くの人に憧れられ、現在もインテリアにこだわる人たちに人気です。

洗練された印象や豪華さを部屋に加えたい人には、壁掛けテレビが特におすすめです。

災害時の安全性が高い

壁掛けテレビは、地震の際に床置き型テレビよりも転倒のリスクが低く、より安定しています。

壁に固定されているため、転倒による怪我や損傷の可能性が減少します。

地震が発生した時、テレビの転倒による事故は多く発生しますが、壁掛けテレビはそのようなリスクを減らすのに役立ちます。

特に子供がいる家庭では、テレビが転倒することが大きな事故につながる可能性があるため、安全性を考慮して壁掛けテレビの導入を検討する価値があります。

視線の高さを調整しやすい

壁掛けテレビは、設置高さを自由に選べるため、視聴者の目線に合わせやすいという大きな利点があります。

床置き型テレビの場合、テレビを見る際に目線を上下に動かす必要があることが多いですが、それにより視聴体験が快適でない場合もあります。

一方、壁掛けテレビを使用すれば、首への負担を軽減しつつ、映像により集中できます。

また、使用する取り付け金具によっては、高さや傾斜を調整できるタイプもあり、視聴環境をより快適にすることが可能です。

映画鑑賞やゲーム、長時間のテレビ視聴を楽しむ方には壁掛けテレビが理想的です。

テレビ選び:壁掛けか床置きか、どちらが適切?

テレビを壁掛け式にするか床置き式にするかは、部屋の大きさや構造、住む人の好みに大きく左右されます。

選択を容易にするため、両タイプの主要な特徴を比較表でまとめてみました。

項目壁掛けテレビ床置きテレビ
設置場所壁に取り付け床上またはテレビ台
スペースの活用スペース拡大に役立つスペースを占有する
配線管理配線が目立つ可能性ありテレビ台で配線を隠しやすい
デザインへの影響モダンな印象を与える伝統的な重厚感を出す
視聴角度の調整基本固定(アーム式は可動)自由に調整可能
移動性移動範囲が限定される容易に移動できる
取り外しの手間手間がかかる比較的容易
設置の柔軟性壁の種類や強度に左右される任意の場所に設置可能

どちらのタイプを選ぶかは、上記の比較を基に自分の状況に合わせて決めましょう。

それぞれのタイプが向いているユーザーの特徴も簡単にまとめてみました。

壁掛けテレビが向いている人

壁掛けテレビは、特に限られたスペースを効率的に活用したい人、シンプルで洗練された部屋の雰囲気を好む人、テレビを目の高さで快適に見たいと考える人に適しています。

これらのニーズに応えることができる壁掛けテレビは、空間を有効活用し、部屋のスタイルを引き立てることができます。

さらに、視聴時の快適さも向上させるため、多くのメリットを提供します。

しかし、壁掛けテレビの設置や移動には手間がかかるため、これが気になる場合は壁掛けテレビの選択を避けるのが良いかもしれません。

設置に関する手間や制限を考慮した上で、壁掛けテレビが自分のニーズやライフスタイルに合っているかを判断することが大切です。

床置き型テレビが適している人

床置き型テレビは、特にテレビ台を活用して部屋に個性的なアクセントを加えたい方、テレビの位置や視聴場所を頻繁に変更したい方、そしてレコーダーなどの周辺機器の収納スペースが多く必要な方におすすめです。

これらの特徴を持つ人にとって、床置き型テレビは使い勝手が良く、部屋のデザインや機能性を高める選択肢となります。

一方で、部屋のスペースを広げたい、または部屋の狭さを感じている方には、スペース効率の良い壁掛けテレビの方が適している可能性があります。

壁掛けテレビは場所を取らず、部屋を広く見せる効果があるため、限られたスペースを最大限に活用したい方には最適な選択です。

壁掛けテレビに関するよくある疑問

壁掛けテレビは時代遅れ?

インターネットで壁掛けテレビについて検索すると「時代遅れ」という言葉が見られることがありますが、実際には多くの人が今も壁掛けテレビの魅力を感じています。

壁掛けテレビの人気が続く理由は主に2点にあります。

一つは、部屋のスペースを効率的に活用できる点、もう一つは、部屋の見た目をスタイリッシュに見せることができる点です。

多くの人が持つ「部屋を広く、美しく見せたい」という一般的な願いに壁掛けテレビは効果的に応えており、現代でもその需要は高いままです。

アーム式壁掛け金具にデメリットはある?

アーム式壁掛け金具を使う際の主なデメリットは、アームを伸ばしたときのテレビ転倒リスク、複雑な取り付け作業の必要性、配線長さの事前計画の必要性の3点です。

壁掛け金具が不安定な場合、アームを伸ばした際にテレビが重さに耐えきれず破損や転倒するリスクがあります。

テレビの重量と金具の耐荷重が適切にマッチしていない場合は、安全上の問題が発生する可能性があるため、注意が必要です。

さらに、アーム使用により配線が邪魔にならないようにするため、配線計画を事前にしっかりと立てる必要があり、そのためには手間がかかることもあります。

新築で壁掛けテレビを選ぶ時にデメリットはある?

新築住宅で壁掛けテレビを選ぶ際の主な欠点は、設置場所の変更が難しいことです。

壁掛けテレビの設置には、壁に穴を開けたり、配線を壁の中に通すための工事が必要になります。

設置した後に位置を変えたいと思っても、再び工事が必要となるため、手間がかかります。

特に新築の場合、最初に設置した位置が理想と違うと感じることが多く、後から位置を変更しようとすると追加の工事が必要になることが多いです。

また、新築の美観を損ねる可能性のある壁への穴開けも、懸念されるポイントです。

壁掛けテレビの配線はどうなってるの?

壁掛けテレビの設置後に配線を適切に管理する方法にはいくつかの選択肢があります。

一つ目は、壁の中に配線を隠すことで完全に見えなくする方法です。

二つ目は、モール(配線カバー)を用いて壁に沿って配線を隠す方法、そして三つ目は、コードカバーを活用して配線をまとめる方法です。

壁掛けテレビの見た目を損ねないためには、配線をきちんと処理することが重要です。

特に見た目を最優先する場合、壁内に配線を埋め込む方法が推奨されます。

しかし、賃貸住宅などで壁に穴を開けられない場合は、モールやコードカバーを使う方法が実用的です。

壁掛けテレビへの買い替え費用はいくら?

壁掛けテレビに買い替える際、壁に配線を通す工事には30,000円から60,000円の費用がかかることがあります。

この工事費用は高額になることがあり、テレビ本体の購入費用と合わせると、かなりの出費が必要になることを覚悟しておくべきです。

さらに、以前使っていた壁掛けテレビから新しいモデルに買い替える際は、既存の壁掛け金具が新しいテレビと互換性がない場合があるため注意が必要です。

互換性の問題が発生すると、新しい壁掛け金具を購入する必要があり、想定外の追加費用が発生することがあります。

新しいテレビを購入する際は、現在使用している金具との互換性を確認することが重要です。

まとめ

この記事では、壁掛けテレビについてのデメリットと、時代遅れだという噂について詳しく解説しました。

壁掛けテレビの主なデメリットとしては、まず配線が適切に整理されていないと見た目が乱れることが挙げられます。

また、一度設置した場合、その場所の変更が難しいという点もデメリットの一つです。

さらに、視聴角度が限定されることがあり、これも壁掛けテレビ特有の課題です。

しかし、これらのデメリットにもかかわらず、壁掛けテレビは多くの家庭で依然として人気があります。

その理由は、部屋をスタイリッシュに見せる効果があるからです。

壁掛けテレビは、見た目の美しさやスペースの有効活用によって、現代の住宅においても重宝されています。

部屋の印象を大きく変えたい方には、壁掛けテレビの導入がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次