コーヒーでカメムシ退治が可能?インスタントでも缶でもドリップでもOK!

当ページのリンクには広告が含まれています。

ご自宅で野菜を栽培する際、害虫の被害に遭ったことはありませんか?

特に、カメムシは作物に甚大な影響を及ぼす厄介な害虫です。

この小さな侵入者は、作物の果実や葉にその尖った口吻を挿入し、栄養を吸取るだけでなく、作物の成長を妨げることがあります。

カメムシが特に好む作物には、トマト、ナス、人参、じゃがいも、ピーマン、パプリカ、オクラ、枝豆などがあります。

この記事では、従来の駆除方法の代わりとして、どの家庭にもあるコーヒーを使用したユニークな対策をご提案します。

目次

カメムシを捕獲する

作物を広範囲に植えている場合には難易度が高いですが、家庭菜園や小規模農場でカメムシの発生が比較的少ない場合には、この方法が有効です。

カメムシを見つけた際には、臭いを発するため直接手で触ることなく、箸を使用して慎重に捕まえるか、ビニール袋や空き瓶に優しく誘導する方法があります。

防虫ネットを張る

防虫ネットを使って、カメムシが物理的に作物に接触できないようにする対策です。

カメムシは飛んで来ることも、地面を這って作物に近づくこともあります。

そのため、地面だけでなく他の部分にも、隙間がないように防虫ネットや寒冷紗を設置することが望ましいです。

小さな種類のカメムシもいるため、それらが侵入できないような細かいメッシュのネットを選ぶことが重要です。

カメムシが出現した際の最後の手段として農薬がありますが、農薬を避けたい場合には、家庭に常備してあるコーヒーを散布する方法もあります。

カメムシの駆除がコーヒーでできる

駆除に使うコーヒーは、普段お飲みのどんなタイプのコーヒーでも問題ありません。

インスタントコーヒー、ドリップコーヒー、缶コーヒーなど、どれでも使用できますが、缶コーヒーはコストがかかるためお勧めしません。

コーヒーは通常よりも少し濃いめに淹れると、より効果的です。

散布にはスプレーボトルや霧吹きが使えます。

コーヒーの散布は、植物の葉の両面に行います。

可能な限り毎日、もしくは最低でも2日に1度のペースで散布するのが良いです。

約2週間で効果が見られ始めます。

農薬を使用したくない方にとって、この方法を試してみる価値はあります。

まとめ

カメムシ退治には、家にあるコーヒーを使用する方法が効果的であり、インスタント、ドリップ、缶コーヒーなど、どの種類を使用しても良いです。

特に農薬を避けたい家庭菜園や小規模農業で役立ちます。

カメムシに好まれる作物を保護するためには、コーヒーを濃く淹れ、定期的に散布することが推奨されます。

また、カメムシを直接捕獲する際や、作物を保護するために防虫ネットを設置することも有効な対策です。

この自然で経済的なカメムシ駆除法は、農薬に頼らずに害虫問題を解決したい方にとって、試す価値のある方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次